感覚(イメージ)と実際におこっている現象

こんにちわ!

今日は少し涼しくて過ごしやすいですね!


さて、今日はユーチューブを見ていたら、メジャーリーガーの上原選手がリリースポイントこんなことを言っていました。

えーーーーー!!いやーびっくり!!

こちらの写真をご覧ください。



実際に全然違うところでリリースしているのがわかると思います。

おまけにこんなこと言ってました。


正解はない・・・か


おそらくゼロポジションという言葉を知らないのかと思います。


「ゼロポジション」とは肩甲骨の向きと上腕骨の位置関係が一番理想の位置になることで、実際にほとんどのいい選手はここでボールをリリースしています。野球に限らずバレーボール、バトミントンなどのスパイクやスマッシュの瞬間も同じです。


私は選手にゼロポジションを簡単に説明するとき、


「両肩を結ぶ線の延長線上に肘がある」

もしくは

「中指を頭のてっぺんに置き、そこから肘を伸ばしたところ」

と教えます。


ここでボールをリリースできていない選手は肩や肘を痛めやすい選手が多いです。


上原選手は実際にゼロポジションでボールをリリースしています。


このようにスポーツの世界を映像や写真を見てみると、自分のイメージ(感覚)と実際のイメージがおおきくずれていることが多いです。


100パーセントの正解はないかもしれませんが、いい選手には必ず共通して起こっている現象があります。


理想的な動きや関節の位置をまず理解して


感覚や、イメージだけでなく今実際の起こっている現象を把握し、


なぜそれができていないのか。


可動域の問題なのか、筋力の問題なのか、単純に動きがわかっていないのか。


そこの原因をわかった上で日々の練習に取り組んでいければと指導している選手には伝えます。

トレーニング&コンディショニング SO-KEN

船橋市大穴でトレーニングするならSO-KEN!コンディショニングはSO-KEN!

0コメント

  • 1000 / 1000